不動産査定

不動産査定

不動産査定をするとき、1社のみに見積もりを頼んだりすると自分の希望には程遠い金額になってしまいがち。かといっていくつもの業社に依頼するとなると、何度も電話をしたり、業者選びの手間だってばかになりません。


大切な不動産を出来るだけ高く売ることと、面倒な手間をかけなくて済む、そんな都合の良い話って…あるって本当ですか?不動産査定の現在がどうなっているのか、わかりやすく解説していきます。

不動産査定ことはじめ

不動産査定の業社はどうやって選ぶ?

不動産査定の業社はどうやって選ぶ?

 業社を選ぶときにおさえるべきポイント

不動産業社選びで間違わないためにはどういう点を重視で選んだらいい?業者選びで失敗しないためにおさえておくべきポイントを解説!

査定の進め方

査定の進め方

 不動産査定の流れをおさえる

不動産査定はなんだか面倒な印象。ここでおおまかな不動産査定の流れを学んでいきましょう。

不動産の売却と査定

不動産を売却する際の査定

 不動産を売却する際の査定

不動産を売却するときには、出来るだけ高く売りたいのが本音。そんなときには絶対に不動産査定を利用したい!

売却するときにおさえるべきポイント

 売却するときにおさえるべきポイント

不動産を売却するときの条件に合わせて、高く売るためのポイントはしっかり抑えていきましょう。

不動産査定について

不動産査定とは、住宅、マンション、土地などの不動産を売却する際に、どれくらいの価格で売却できるかを調査・決定することです。査定ということに関して言うのであれば、中古車販売店やリサイクルショップなどに自分の所有する自動車や家具などを売却する際にも行いますが、不動産の査定はそれらとは少し内容や目的が異なります。

 

それは、中古車販売店やリサイクルショップであれば、店舗等の査定した業者が直接買い取りを行いますが、不動産査定に関しては業者が直接買い取りを行うわけではない、ということです。不動産に関する査定とは、過去の事例や現在の地価や市場の動向、地域ごとの特性などを加味して売却可能な価格の予測を行い、アドバイスとして売り主に提示することを言うのです。

 

本来であれば客観的な情報を考慮して行わなければならない不動産査定ですが、現在では「売り主が希望している売却価格を探っていく」ということになってしまっているのが現状です。たとえ売り主の希望している売却価格が市場価格とはかけ離れた金額だとしても、不動産業者は売却の委任を受けることが出来るのです。

 

これは、売り主から売却の依頼を受けることが不動産業者にとっての仕入れとなるため、売り主の希望を出来る限り通し、スムーズに依頼を受けることが不動産業者の売り上げに直接つながってくるためなのです。ですから、場合によっては自分の売却希望物件が市場価格からかなり割高であるということを知らないままに売り主が売却に踏み出してしまう、ということがありうるのです。

 

不動産査定というのは、あくまで「情報収集の手段の一つである」ということを忘れてはいけません。満足の行く査定のために、売り主も不動産査定がどのように、どんな基準で行われるのかということをよく知っておく必要があります。大切だった家を売るのですから、しっかり情報収集するべきなのです。

 

さらに、査定された金額をそのまま受け入れるのではなく、不動産業者の担当者に「確実に売れると思われる価格」を確認してみる、ということも大切なことなのです。


▲TOPへ戻る